綿受ねうのねう日記

こんな名前だけど20代男の日記

プロレスを見にいった話

プロレスの生観戦をしてきました

 

自分自身初めての観戦となりました

 

見に行ったのは、4/10の全日本プロレスチャンピオンカーニバル名古屋国際会議場大会

 

プロレスはDDTからドラゴンゲート、新日本、ノアなど動画で見ていました

 

最近実生活でうまくいかないこともあり、プロレスを生で見たくなり、近場で開催がないか探したところ、全日本の名古屋大会があったため、そこに決めました。

 

昔、レッスル-1という団体が、YouTubeで大会のダイジェストを配信していたことがあり、よく見ていました。

名古屋大会にレッスル-1の選手であった児玉祐輔や芦野祥太郎が出場していたり、あのTAJIRIが出ることも決め手でした。

 

試合内容としては、児玉とTAJIRI、大森北斗という選手の3人タッグで出ていましたが、ほとんど技を出さず、TAJIRIが本部席から持ってきた相手選手のベルトを児玉が凶器として使い、大森がフォールして終わってしまいました。

(児玉の技が見たかった・・・)

 

あと惹かれた選手は宮原健斗でした

 

よく声を出して、身振り手振りで観客を盛り上げていました。

 

リングの最前列に宮原応援団のような、宮原の写真プラカードを持った集団がいましたが、実際試合を見て、夢中になる気持ちがわかりました。

 

生観戦の感想ですが、やっぱり音が違いました。

動画で見ていると、選手が受け身を取ったり、倒れたりする音は「バン!」という感じですが、実際に現場で聞くと「ドーーーーン!!!」と爆音が鳴り響いていました。

 

見に行ってよかったと思いました。